オータニ・モンゴルの里

2018/11/13
モンゴルの里のゲルへ続く道 毎日何度も歩く道 毎日何度も見る風景 毎日何度も立ち止まる場所 毎日感動する 毎日見とれる 毎日ドキっとする 365日同じ日は無い 今日と昨日はまるで違う 今日と明日もきっと違う 大きく羽を伸ばした すずかけの木 大の字にくつろぐ 多紀連山 ハミングを奏でる生き物 オータニ モンゴルの里のゲルも 乾燥したユーラシア大陸から...

2018/11/09
今朝の様子です 山並み 雲並み 畑の畝並み 美しい 空気 におい 風 気持ちいい 挨拶 営み 過程 大事にしたい 出会い 体験 交流 オータニ モンゴルの里のありたい姿です 美しい 気持ちいい 大事にしたい と感じる心 感じ合える空間 思い出せる時間

2018/11/07
一瞬で忘れてしまう程大自然は一瞬 立冬を迎えて 冬ごもりの準備をそろそろ始めようと思いつつ 日中は行楽日和のお陰で アリとキリギリスの・・・・・さんの気分 空がキラキラ 真っ赤に紅葉が燃えて 熱々のモンゴルティ−タイム ほんの少し岩塩の効いたミルクティ−をふくむと お味噌汁をいただいた時の様に ほっとする 満たされてご機嫌になる...

2018/11/06
遠足気分 視線の先に秋 立ち止まって息をのむ 足元に秋 触れると秋の音 “カランカラン” 落ち葉が枯葉になって 秋を奏でながら坂を転がる 曲がり道の隅っこに集まっていた枯葉隊 そっと踏みしめると合唱してくれる 秋の歌 モンゴルゲルのある ここ丹波篠山の秋の歌は 草原で聴いた あの乾いた音を思い起こさせてくれる 目を閉じて故郷の景色と重ねてみる...

2018/11/04
すっかり秋めいて 朝晩 肌寒く感じる今日この頃 皆様いかがお過ごしでしょうか・・ 心とクローゼットの衣替えはお済みでしょうか・・ ここ丹波篠山は 桜は今年のさくららしく 銀杏は今年のいちょうらしく 黒豆は今年のくろまめらしく 衣替えを着々としています。 片付いた心とクローゼットのイメージを膨らませて 深まる秋をお手本にアクションをおこしましょ...

2018/11/02
黒豆畑一面に朝霧 しばらくすると 山々へと上昇し わずかのうちに雲となる そんな美しい早朝 優しく移ろう自然の物語 ページをめくり続ける 雨の日も風の日も花の日も 明日のページをめくる前に 今日の物語を演じきりたい 毎日遠方から集ってくださる皆様と・・・共に 主役はゲルスティのお一人様お一人様です。

2018/10/30
鶴と亀 来たる 一歩外へ出てみた いい事に出会えた もう一歩外へ出てみる また、いい事に出会えた 鶴と亀 現わるる 縁起がいい 今日は、丹波篠山から離れてみた 街の中に 空に 出会いに 縁起のいい事 現わるる

2018/10/29
あまり大きな声で申し上げた事はございませんが、 里山暮らしの醍醐味の一つに 虫たちの存在があります。 自然に囲まれた営みの中で、山野草や山の恵みが身近に感じられると 同時に虫たちの営みを通して季節を知る。 虫たちのそれぞれの世界を外からそっとのぞいては、そっとしておく。 お店に行けば、昆虫も買える時代ですが、...

2018/10/26
張り切った声で「おはようございます」と 交わしたくなる 清々しい朝です。 丹波篠山の黒豆に続いて 冬のお野菜がおいしい季節を迎えています。 壬生菜 ほうれん草 小松菜 白菜 大根 かぶら ねぎ 里芋 銀杏 などなど・・・ ゲルスティを楽しみにいらして下さいませ。 心とお腹にたっぷり詰め込んで いつもの暮らしにお役立て頂けましたら...

2018/10/24
お月様 見慣れる事のないお月様 見上げるごとに新しいお月様 ゲルの南東に連なる山々より 朝焼けとさえ思える特別の光のベールが刻々と増して お月様が顔を見せて微笑む 山々の布団から起き出した赤ん坊の様に イキイキと、じっとしていられないお月様 今夜は 街の中にいて、お月様を追いかける。 ビルの角を曲がる度に、お月様を追いかける...

さらに表示する