モンゴル ゲルの販売を始めました

オータニ・モンゴルの里では、ご希望の方にゲルの販売を始めました

オータニ・モンゴルの里では、ご希望の方にゲルの販売を始めました。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

モンゴルの人々にとって、「ゲル(パオ)」は、【家】です。

オータニ・モンゴルの里はもちろん、すべてのモンゴルの人々にとって、「ゲル(パオ)」は、【】です。決して、テントの延長のような存在でもなければ、簡易宿泊所でもありません。

 

したがって、安い買い物ではないですから、じっくりとご検討ください。

 

オータニ・モンゴルの里では、オーナーがモンゴル人であることから、現地の製作所と原語で交渉するため、いわゆる「観光客の土産物のような、手抜きの品物」ではなく、「家」としての「本物のゲル」を提供いたします。基本的には、オーダーを受けてからの発注になります。

 

ゲルの大きさなどの仕様決定からはじまり、オプションの選択、発注、輸入、通関、運送までお受けいたします。また、建てるにあたって、基礎・土台作りから実際の組み立てまでご相談に乗りますので、不安なく、夢のゲルを建てることが可能です。もちろん、ご要望に応じて現地でお客様と一緒に楽しく組み立てていくことも可能です。

 

また、モンゴル ゲル(パオ)は、「家」ですので、ちょっとしたメンテナンスが長持ちさせるためには必要です。これは、現地で実際に住居として使用されている方々の「ノウハウ」を、オータニモンゴルの里でご購入いただいた方々に限り「伝授」いたします。

他所でご購入されたゲルが傷んできて、モンゴルの里にご相談される方が結構いらっしゃいます。スペアパーツが手に入らないとか、原因がわからないとかですが、大体の場合、メインテナンスをしっかりしておけば問題ない例が多いようです。現地調査のためにかかる費用が修理パーツの費用を上回ることが少なくありません。

長い目で「家」である「ゲル」をお考えください。

 

ゲルの中にいると、モンゴルの草原に抱かれているような気分になりますよ!

ご相談は、いつでもお気軽に!

 

 

オータニモンゴルの里

スーチンドロン