オータニ・モンゴルの里

モンゴルの白い食べ物

モンゴルから手作りの食材が届きました。

モンゴルに住む親戚の自家製品です。

 

遊牧民が可愛がっている家畜のミルクから作られた伝統食品のチーズ、

モンゴル語で「ホロッド」といいます。

噛むほどに‘酥’の味わいが滲み出て、

飲み込むやいなや

身となり骨となってくれそうな、

滋養食の代表です。

 

匂いはあまり強くなく、大自然の中でじっくり天日乾燥させ、

保存できるように、ひと手間もふた手間もかけてくれています。

 

食卓の真ん中にこのチーズとモンゴルのミルクティー

‘スーティーツァイ’が揃うと、

一人また一人と自然と仲間たちが集まって

たちまち、笑顔が溢れます。

 

我が家の元気の素です。

私達は特に朝ご飯にこの元気の素をいただいています。

ほっとして 心が開放されたかと思うと、

あっという間に 身体はじっとしていられなくなるほど

元気スイッチが作動。

 

本当に信じられないほど魅力に溢れ頼り甲斐があります。

モンゴルの大草原が育む伝統的な食事はモンゴル民族の誇りです。

 

 

さて、私達が住む丹波篠山の伝統食の中で愛して止まないのは黒豆です。

豆乳、きなこ、お茶、珈琲、酢漬け、煮豆、黒豆ご飯と大活躍です。

特にお味噌作りに黒豆を使えて本当に贅沢気分。

地元の農家の方々が、毎年丹精込めて栽培してくださるお陰です。

 

私達が長年お世話になっている農家の皆様・・・

いつもいつも感謝しております。

ありがとうございます。