オータニ・モンゴルの里

モンゴルでお茶請けといえばモンゴルドーナツ

今日は張り切って朝からモンゴルドーナツの仕込みを大鍋いっぱいにしています。

シンプルな伝統菓子モンゴルドーナツ
モンゴルでは各家庭の味やこだわりがありお茶請けにたっぷり用意して、お友達や家族のだんらんに振る舞います。

モンゴルの里でご提供させていただいているものは
若かりし頃、モンゴルで修行時代に教わった基本を守っています。

ヨーグルトとイーストで半日ほどかけて発酵を待ちます。
トロットロッになれば、手際よく成形し、二次発酵。

冬場は結局一日仕事になって、日に何度もお鍋を覗き込んで
顔色を伺って過ごします。また、そんな時にひょこっとお客様がおしゃべりに
いらして下さったりして、時の経つのも忘れて過ごすひと時・・

モンゴル菓子の販売は、お店を持つ以前からです。
京都と大阪のフリーマーケットに出店して楽しんでいました。
あの頃も今も変わらない手作り菓子作り
手間暇  愛情を込めてお作りさせていただいています。

肝心の商品紹介をさせていただきます。
材料は小麦粉と卵  きび糖  モンゴル岩塩  ヨーグルト  イースト
食感はもっちり かみごたえがあります。
味は素材の味が引き立つように甘過ぎないプレーン味
お好みで、きび糖やきな粉をまぶすのもいいですよ。