オータニ・モンゴルの里

モンゴルゲルは小宇宙



モンゴルではゲルを小宇宙と比喩します。
モンゴルでは人の身体を小宇宙と比喩します。
必要なもの全てが完全に備わり宿っているという

考えからです。


今宵の満月を眺めていると、ふと小宇宙という比喩を思い出しました。

また、今宵の満月を眺めていると、
 
産まれて間もない赤ちゃんが裸で眠っている様子が心に浮かびました。

赤ちゃんは世界の全ての幸せ、世界の全ての可能性を携えて
 
生まれてきた事を人間(ひと)に教えてくれます。

それはまさに今宵の様な満月を連想させてくれます。

人間(ひと)はお日様に喜びとはを学び、お月様に感謝とはを教わり、
 
赤ちゃんに尊厳の心を思い出させてもらう。

今宵の満月は本当に美しい。輝きに満ちている。優しさに溢れている。
 
全てを兼ね備えている。

全てを兼ね備えている今宵の月の月明かりは、
 
驚くほど清らかであり、いのちの輝きを注ぎ優しく包み込んでくれている。

お月様ありがとうございます。