オータニ・モンゴルの里

梅華

丹波篠山にオータニ モンゴルの里を移転する前は、
大阪で“モンゴルオルゴ”と言う屋号でモンゴル料理専門店を営んでおりました。
その頃、自転車で大阪城の梅林まで足を運んでは、サイクリングを楽しんでいました。
桜並木の向こうに、大勢が憩える立派な梅庭園があります。

丹波篠山に移り住んでからは、梅華の印象がすっかり変わりました。旧家の庭には当然のように梅華の香りが漂っており、庶民的なイメージになりました。と同時に、まだ風も冷たい時にいち早く咲き始め、どきっとさせてくれる色彩に、梅華が春を連れてきてくれるんだって感じます。

可憐に咲く梅華に出会う度に、福を呼び寄せた気分を味わっています。
ひっそりした雑木林の中に、老木の梅華が自由奔放に空に向かって初々しく咲く様子は常に
新しくて美しい。
モンゴルの里のお庭の一角の老木の梅華が静かに春の訪れを知らせてくれている、
香りとともに。