オータニ・モンゴルの里

西陽

眠りにつく    まどろみの      うとうと
目覚めて      自分を思い出すまでの  うとうと
春は  曙        うとうと

一日の内で  ほんの僅かの  一瞬一瞬の中にこそ
こころここにありという一瞬一瞬を感じる

これからの季節
一日の終わりを知らせ、
一日が無事にむかえれた、
という、ご褒美が西陽

西陽に染まる暮らしの景色の中に
何がみえますか?
西陽が傾く頃、何をなさっていますか?

手を止めて視線をこころを光の方へ・・
うとうと
うとうと
こころここにありという一瞬となりますように・・

モンゴルゲル越しに伸びる西陽は美しい・・