オータニ・モンゴルの里

モンゴルの里ゲルスティと蛍狩りと寝待月

十六夜 

立待月

居待月

寝待月

    

    

ゲルスティのお客様達が蛍狩りするのに絶好のコンディション

穏やかな川の流れ、気温、

なんといっても

お月様のご親切なご配慮・・・


今宵の満点の星々が眩しいほどに

またたいて、縫うように人工衛星が交差・・

地元の方々まで酔いしれちゃって・・


そして、こうべを垂れると謎めいた燈の美しさにウキウキ・・

頼りなく、ほろ酔い千鳥足の誰かさんとそっくりさんの乱舞する

蛍に夢中。



静まりかえったその頃、山の頂から遠慮がちに寝待月が

「もういいかい?」「・・・まーだだよ」

「もーいいかい?」ってふんわりと照らしてくれて


さっきまで張り切ってまばたきしていた星々も

お月様の伴走で、力が抜けたのかなぁ・・・

あたりの景色が一新。これまた格別の素晴らしい今宵。


遠方から来てくださるゲルスティの皆様ありがとうございました。

お目にかかれて光栄です。感謝のお礼を申し上げます。