オータニ・モンゴルの里

各地の猛暑便り

先日

ある祝賀会の壇上において

あるお寺のご住職様のご挨拶のお話に

「電線にとまっていたカラスが

猛暑で落ちてしまった。」


それくらい今年の暑さは厳しい・・・


モンゴルの里のある里山には

青々とした田畑の瑞々しさと、稲穂がゆったりと風のリズムを

受けて、こうべを垂れ始めて涼しげさを演出してくれています。


木陰に置かれたベンチに腰掛けて、望む遠くの景色の中には、色とりどりの自然が、精一杯今を生きている姿を見せてくれています。