オータニ・モンゴルの里

今宵の月

お月様


見慣れる事のないお月様

見上げるごとに新しいお月様


ゲルの南東に連なる山々より

朝焼けとさえ思える特別の光のベールが刻々と増して

お月様が顔を見せて微笑む


山々の布団から起き出した赤ん坊の様に

イキイキと、じっとしていられないお月様


今夜は

街の中にいて、お月様を追いかける。

ビルの角を曲がる度に、お月様を追いかける


見つけると、それで、いい

感じられると、それで、いい