オータニ・モンゴルの里

小豆粥

1月15日

小豆粥をいただく日


朱色の小豆を食すると、おめでたい気持ちになります。

無病息災を願ってつくります。


ゲルスティのお客様の朝食に

作り続けて19年


小正月にいただく小豆粥は

特別な節目を感じます。


豆という食材は

栄養満点のうえ、いただく度に幸せな気持ちにさせてくれます。

だから今も昔も愛され続けて

晴の席には欠かせないのでしょう。


内モンゴルでは、小豆粥は朝ごはんの定番です。

好みで砂糖を入れます。

モンゴルの里の朝ごはんを楽しみにいらしてくださいませ。

皆様のお越しを心待ちにしております。