オータニ・モンゴルの里

現在 過去 未来



愛くるしい幼子のような苗


両手で支えないと心細い


優しく丁寧に大地に植えた途端


あれ? さっきとは随分と顔つきが変わって感じる・・


日に日に逞しいような、日によっては頼りなげに映る


いつも互いにアイコンタクト


季節の流れに乗って変化し続けて


やがて  出会った時と同じ互いに巡り合う


こうして幾としも微笑ましく 逞しく ある


一粒の種が見せてくれる表情の中に


今   昔  これから   を知る