オータニ・モンゴルの里

2020/11/24
皆様 日々営業再開日のお問い合わせをいただき、ありがとうございます。 営業再開日をお知らせ出来ず申し訳ございません。 ゲル入り口に玄関の新設作業を進めているところです。 工程は、すべて手作業、中々手間を要しています。 コツコツ、丁寧に頑張っています。 地元の大工さん、佐官屋さん、鉄工所さん、ボランティアさんの皆さんが、...

2020/11/01
モンゴルの里 修繕作業の様子 日々コツコツ修繕作業に励んでいます。 今年は台風の影響が無いお陰で、大工作業が出来て 大変助かっています。 ひとつづつ、手間暇かけて愛情込めて 進めています。 毎日、営業再開日のお問い合わせをいただいております。 誠に勝手ながら、まだ今のところ見通しが立っておりません。...

2020/10/25
皆様には、ご迷惑をおかけしております。 毎日、修繕工事の完成予定日のお問い合わせを頂いています。 まだ、修繕作業半ばです。 モンゴルゲルのフェルトと帆布の張り替えは完成しました。 実に多くの方々のお力添えを頂いて、 大変な作業でしたが、1棟ずつ丁寧に進めることが出来ました。 只今、各ゲルの玄関小屋の手作り作業を進めています。...

2020/08/14
2020年ペルセウス座流星群ピーク 8月14日 丹波篠山遠方22時ごろ満天 瞬く星々に願いを込めて・・・ 流れ星 ひとつ ふたつ 3つ 4つ ・・ 格別美しい今宵の空

2020/07/28
長い梅雨が明け、気温が上昇し、汗のにじむ夏日を迎えています。 蟻があちらこちらに巣を作り、虫が飛び交い、生き物が雨上がりを待ちわびて 顔を覗かせています。 夏野菜に花が咲き、実を結びながら、上へ上へと目指していきます。 お庭を横切る度に虫や小鳥達があわてて飛び跳ねて、里山の景色を生き生きとさせてくれます。...

2020/07/22
今日の雲を見ていると雲の漢字の成り立ちを調べたくなってきた。 「云」に「雨かんむり」を書き加えて、「雲」と書くようになった。 1世紀の終わりごろに作られた漢字の辞書『説文解字せつもんかいじ』は、次のように説明している。「云は、雲の回り転ずる形に象かたどる」...

2020/07/17
丹波黒大豆の栽培 ここ丹波篠山市は6月の上旬、黒大豆の種まきが開始します。 今日では、ふかふかの畑に移植されて、日に日に茎が太くなり、 葉の色は濃く、元気に揺れて、里の景色はすっかり若々しい黒大豆が主役です。 毎年恒例の秋の収穫祭の実施については、縮小傾向にあるという事ですが、 皆さまの食卓にのぼる日が待ち遠しいですね。

2020/07/10
週間天気予報は同じデザインのマークが 印を付いたように並んでいます。 各地に被害があり、心細くなる時の中にあります。 一瞬の雲間に  風が運ぶ新しい一瞬に ほんの少しのぞく少し明るい場所を探す あります様に 見つかります様に お祈りしています。

2020/06/26
梅雨と山と田畑 梅雨前線が一年分の水分補給をしてくれて  大自然は盛期を迎えています。 たっぷり準備に時間をかけて 次に備える。 日照り、高温、風、嵐・・ 山に住む生き物、田畑に住む生き物 里山に住む人々 山をつたい届けられる清き水に守られて 皆様にとって 今日もいい一日になりますように。

2020/06/11
おかげさまで2021年春に25周年記念を迎えます。 2020年は一年かけて一部分ずつモンゴルゲルの大修繕を手がけて参ります。 大修繕期間中はご宿泊受け入れ体制を縮小させていただいております。 ご愛顧いただいておりますお客様。また新しくご予約をご検討中のお客様には、大変ご迷惑をおかけいたします事お詫び申し上げます。...

さらに表示する