オータニ・モンゴルの里

ブログカテゴリ:自然


2018/03/02
モンゴルではゲルを小宇宙と比喩します。 モンゴルでは人の身体を小宇宙と比喩します。 必要なもの全てが完全に備わり宿っているという 考えからです。 今宵の満月を眺めていると、ふと小宇宙という比喩を思い出しました。 また、今宵の満月を眺めていると、 産まれて間もない赤ちゃんが裸で眠っている様子が心に浮かびました。...

2018/02/07
丹波篠山は美味しい黒豆の産地です。 地産地消の野菜には大変お世話になっています。 遠方(おちかた)の丹波栗や葡萄は地元の宝です。 栄養たっぷりの食材と並んで、もう一つの宝は、夜空を照らす星々です。 この季節の主役はオリオン座。 流れ星に人工衛星、 満天の星空を見つめることのできる喜び。 ひとりで眺めるもよし、二人ならなお嬉し、みんなとなら...

2018/02/06
暖かいモンゴルゲルで過ごしながら 温かい人たちとのお茶の時間が流れる お料理好きな仲間たちと仕込みをしながら 待ちどおしいゲルスティのお客様のゲルをお掃除しながら 時々、お庭に出ては、おてんとさまを仰いで 深呼吸しながら 刻々と流れ行く モンゴルの里の日常 早起きして、ふと お庭に出てみると 過ぎし日と今日という今の交錯 昨日と今日の境目に...

2018/02/04
厳しい大自然をものともせず、遊牧民を育んできたゲルは、 外気温マイナス40度の世界からプラス40度の世界に左右される事なく、脈々とそして淡々とそこにあります。 極寒の冬でも羊のフエルトで覆われたゲルは暖かく、 そこに住む人たちを朗らかな心にしてくれます。...

冬の風物詩 · 2018/01/28
目を覚ますと、50センチくらいの積雪 パウダースノーでサラサラ 嬉しくってつい手付かずの新雪にダイブ ! 最高に楽しい!無邪気に遊んで大満足。 さてっと 雪かきしましょう! ゲルに続く道を作りましょう! ゲルスティの方々が楽しく過ごせるように・・・ 慣れない作業を始めるやいなや、応援団がサンタさんみたいに どこからともなく現れて、サクサク...

2018年 · 2018/01/27
多紀連山に抱かれたここ遠方(おちかた)の昨日朝の様子です ドラマチックな空模様となだらかで時が止まったかのように優しく小雪を受け止めるグランド。 ときどき、キラキラ陽射しを反射しては、見るものを喜ばせてくれます。 路面の雪は朝日と共に消えていますので、“ちょこっと銀世界”はおいしいとこどりで、本当に美しいです。...

2018/01/25
あちらこちらで、雪だよりを耳にする今日この頃ですね。 丹波篠山にも薄っすらではありますが、山々、田畑一面、美しい銀世界が広がっています。...

2018/01/15
ブログを覗いてくださり、ありがとうございます。 朝日がカーテン越しに射して、はっと東の空を見上げると 一面の銀世界・・・ 小枝のベットに降り積もりたての、頼りないほどの真っ白な天使たち 話しかけたとたん 恥ずかしくて隠れて姿を消してしまいそう うつむき加減のわたしの視界に一筋の輝く路・・・...